神の祝福と14の決意
この世には「芸の神様」がいて、ときどき下界に「あんたは歌いなさい」、「あんたは描きなさい」と祝福を降ろされる。マリア・カラスとかビョークとか野々村彩乃さんなんか、典型的な「神の祝福系」天才だ。手前味噌ながら、家内はかわいいイラストをスイスイ描く才を賜っており、それを見て「もうオレの出る幕じゃないな」と筆を置いた時期があった。そういう力ってうらやましいよね。

ただその「神が下さり給うた能力」の使い方に気付かない人ともいて、やたら良い声の課長とか、異常に絵がうまい駅員さんとか、ああなんで・・って思うこともある。人生って難しい。

・・・

中2ともなればそりゃあ口ではしっかりと「音楽がやりたい」なんて言うが、でも14歳の確信なんて信用してませんよ。親ナメんなって感じ。ともかく色々見ていろいろ考えて、神はいったい何を与えたもうたのか? 焦らずじっくり進路を考えて欲しい。結論を急ぐ必要はないよ。今日見た「東京5美大卒展」は、そういった意味で自分もとてもいい勉強になったよ。

神様の祝福も大事だがそんなのホンの一握りで、その他大勢(自分も含め)にとってやっぱり大事なのは「自分は何者か?」という自覚なのかもな。好きと言い切れるものは何か? 血が騒ぐものは何か? わたしは誰ここはどこ? 私はアーティスト、ここは美大、ってハッキリ言える人だけが、未来への扉を開くのだな。そのカギを得た人が少なからずいて、いい刺激になりましたよ。

さてムスメは何を感じたやら。彼女へ降ろされた祝福はなんだろうね。楽しみです。

a0013866_23483996.jpg

[PR]
# by kasoledesign | 2015-03-02 00:13 | 子どもまつり | Trackback | Comments(0)
ネタの宝庫とスカイツリーの先端
一応ファーストガンダム世代だから、その人生の半分は何かしらアニメを見て育ってきた。短いながらもバラエティーに富んだ様々なストーリーが、今はフィギュアになってラジオ会館に詰まってる。

もう卒業したつもりだったけど、中学生の娘にその血は引き継がれ、お伴する形でまたアキバを訪れるようになっている。ってかエロフィギュアとかから中学生を守る名分もあるんだけどね。

改めて見ると日本のアニメやSF作品は本当に思想が深い。設定も実に練られている。サンライズの流れではダンバインの舞台設定が一番好きだ。ハリウッド映画が日本のSFをよくネタにすると言われるけどさもありなん。先日見た「インターステラー」も星野之宣の2001夜物語をパッチワークにしたような作品だったなあ。

それと造形の美しさもね、成熟の度合いが半端じゃない。ぼくはよくスカイツリーの先端のデザインを引き合いに出す。細く尖らせず、むしろ太いままさらにデカイステージをのせる重量感溢れるデザイン感覚は、SF大国ならではだと思っている。あれが第三世界や途上国だとシュッと三角に尖らせちゃうんだよね。それじゃダメなんだよ。今のフィギュアは「線」がスゴイし、そういった感性が実際の建造物やデザインにフィードバックされているのも日本の凄さだと思う。

とはいえアキバは魔境だ。ホントはこんな泥沼で靴を汚すような乙女に育ってほしくはなかったが、しかたない。逆に男子じゃなくてよかったのかもな。話しながら楽しいことは楽しいし。彼女もいづれ卒業するだろう。そして子どもができてまた、その子の手を引いてアキバを訪れるかもしれない。その頃は何が流行ってるかね? もうアイギスもレーミクもないだろうけど、きっともっと素敵で美しい物が店頭を飾っているんだろうね。



a0013866_21153762.jpg

[PR]
# by kasoledesign | 2015-02-08 21:08 | ブツ欲まつり | Trackback | Comments(0)
電子ブロックと破壊王
マニュアルには「昭和51年」って書いてあるから40年近く前の製造なのね。そもそも買ったのが20年も前。戸越銀座の潰れそうなおもちゃ屋のデッドストックを1万円で手に入れて、そのまま大して使わず寝かしてたもんだから、デッドストックをデッドストックしてたわけだね。

いつか子供が生まれたら使わせよう! と、その時が来るのをワクワク待ってたたんだけど、期待の長男は予想をはるかに上回る破壊王としてこの世に降臨。3歳にして折りたたみ携帯をねじ折る無頼ぶりにこんな繊細なおもちゃ無理!と出すのをためらってたけど、やっと5年生になりお怒りもお鎮まりになったので解禁です。

それにしても日本のおもちゃスゴイ。多少の接触不良はあるものの、パーツ全員生存。だって40年だぜ。品質たけえ。またしばらくスハルくんの友だちとして頑張ってもらおう。孫まで行けたらすごいよね。アンディだったら泣いて喜ぶね。

a0013866_15054299.jpg

[PR]
# by kasoledesign | 2015-01-24 15:21 | 珍品まつり | Trackback | Comments(0)
ファストファッションと完全無音
中学生ともなれば、どんなじゃじゃ馬もオシャレをしだすのだなあ。「あそこへ行きたいこれが見たい」とあれこれうるさく言う時は、面倒だから銀座に連れてっちゃう。意外にもファストファッションが集約されているので、中学生にもちょうどよかったりするんだよね。

その帰りに必ず寄るのがヤマハの銀座旗艦店。子どもって楽器好きだよなー。まあピアノもやめちゃって、かろうじて部活で三味線を弾くぐらいなんだけど、楽器店は居心地良いみたい。最近は打楽器にも興味があるようね。

で、2人が店内で一番お気に入りの場所が地下のロック楽器売場へ降りていく階段ね。ここは壁が全て吸音材で覆われているので、踊り場まで下がると全く音がしなくなる。いわゆる無音室に近い状態になるんだよね。自分の呼吸音や喉を動かす音しか聞こえなくなるんだぜ、銀座の真ん中で。いかに世界が音で溢れているかよく分かる。自然界でも得難い完全無音な状態って、何だか脳がリセットされるような気分になるんだよねえ。

[PR]
# by kasoledesign | 2015-01-12 23:34 | おでかけまつり | Trackback | Comments(0)
深海底と友だち
個人の趣味嗜好には深度差がある。それはラフマニノフであれドラクエであれ寝台特急北斗星であれベビメタであれ、「好き」という気持ちの深度は千差万別。さらっと海面を楽しむ人もいれば、それこそ深海底の光も届かない深みにまで潜る人もいる。でも深いほど一緒に潜ってくれる人は少なくなっていく。

FBとTWの中で一緒にBABYMETAL行こう!って深海についてきてくれるのは2人しかいなかった。専門学校時代の同級生と元部下の元カレ。昨日一緒に行ったのは中学時代の同級生の兄貴だ。FB関係なかった(^^; ずっと前から友達だ。ありがたいことだと思う。カミさんも理解者だけど、今は海上で我々の帰還を待つ係に徹している。いつか彼女にも深海底の楽園を見せてあげるつもり。

ともあれこれがたぶん、SNS否定論者の皮膚感覚なのかなと思うよね。ようするに自分の最深部を共有できる友だちは、常にSNSの外にいる。ではSNSとはなんなのか・・・まあ便利ではあるけどさ(^^;

さて深海底の会場周辺ではたくさんのファンが、友達と、家族と、親子と「その時」を待っていたよ。とても素敵だなあと思ったよ。いやそんなたいそうなモンじゃないっすよ、ってサクッと来てる人も多いだろうけど、それも良いことだよね。ベビメタが非一般的パフォーマーだって自覚はあるんだ。それをサクッと見てみようって心の垣根のなさも良いよね。ここにいる人たちみんなと友だちになれそうな気がしたよ。次は6月。ファン特典を全力で駆使します。
a0013866_10454659.jpg

[PR]
# by kasoledesign | 2015-01-11 11:16 | 友だちまつり | Trackback | Comments(0)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

とりあえず、寸止めで。
by kasoledesign
検索
最新のコメント
ほんと、久しぶりとは思え..
by kasoledesign at 12:47
楽しかったねえ。気持ちの..
by kaori drome at 14:22
プログレスウォッチャーっ..
by kasoledesign at 23:23
プログレスウォッチャー、..
by ようこ at 22:21
タグ
(55)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
食欲まつり
ブツ欲まつり
ムービーまつり
ネコまつり
子どもまつり
気象まつり
博物館まつり
健康まつり
菓子まつり
おでかけまつり
パソコン・メカまつり
珍品まつり
アートまつり
ミュージックまつり
スポーツまつり
ゆめまつり
いまさらまつり
お仕事まつり
Flashメモ
CSSメモ
四方山まつり
経済
友だちまつり
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧