カテゴリ:博物館まつり( 24 )
しろくまと準備
a0013866_12282684.jpg
幸いにして自宅は上野に近い。動物園も自転車で行けることがわかって、子どもが小さい頃はまあよく通った。初めは2台に2人乗りで家族揃って出かけた。たった2台の自転車に4人の運命が丸ごと乗っている。そのうち子どもも自転車に乗れるようになったので、みんなで出かけた。小さい足でよく頑張った。

はじめはスハルだった。サッカーを始めたら土日の時間が無くなった。イツクと2人で行くことが多くなった。自分は年間パスポートを買って年に何度も通った。イツクは鳥が好きで写真を撮ったりこども園で鶏を抱いたり「まったり」過ごした。

次はイツクだった。中学に入って部活が始まったら土日が潰れるようになった。たまに空いても友達とショッピングセンターへ行くという。誰も動物編に行かなくなった。ジェシーの悲しみである。

昨日ひさしぶりにムスコに週末の時間ができたので2人行ってきた。ムスコとは何ヶ月ぶりだろう。自転車も速い。ドンドン行く。昔の倍ぐらい早く着いた。ニワトリも難なく捕まえる。一眼を渡すと、しろくまの良いショットもバシバシ撮る。成長を感じるのは楽しい。

・・・

自分の幼稚園の遠足から始まった動物園も、友だちと行ったり彼女と行ったり夫婦で行ったり、年齢とともに相手も変わる。自分の子供と行くのが一番楽しかったがこれももうすぐ終わり、また夫婦か友達と行くようになるのか。または一人とか。

人生は卒業と新しい始まりの繰り返しだ。その変化の時、心構えであったり準備などができてないと戸惑ってしまう。いつも考えておかないと。子育てもあと10年もしないウチ卒業だあ。そしたら・・・準備準備(^^

[PR]
by kasoledesign | 2013-11-25 12:30 | 博物館まつり | Trackback | Comments(0)
ないないづくしの贅沢さ。
自分もちょっと集中して勉強する必要があって、娘とムスコと図書館行ってきた。ムスコは児童室で漫画三昧だけど、ムスメはさすがに問題集もって試験勉強だよ。自習デスクに親子並んで勉強したよ(ちょっと間は空いたけど)。

パソコン無しで筆記の勉強だったのだけれど、現代においてパソコンも電話も音楽もない「ないないづくし」って実に贅沢な時間なのだと思ったよ。もちろん無線LANは今どきフリーライドなのでスマホは使えるけど、でも使わない。
静寂な読書と自習のみの時間。

なんか凄くリフレッシュした気がした。いつの間にか自分は情報にまみれているよ。SNSやまとめサイトやニュースやメールや・・・。寝ている時以外、情報の波が常にざぶんざぶんと自分に降り掛かっている。それは確実に自己思索の時間を奪っていて、創造の萌芽を踏み踏み踏み踏み踏み潰す。

休みの日くらいPC閉じて図書館で半日過ごすぐらいは必要だねえ。

[PR]
by kasoledesign | 2013-11-12 00:18 | 博物館まつり | Trackback | Comments(0)
スタンプラリーの山場
どこでしょう? 東大です。スタンプラリー2012最大の難関、東大の研究室へ行ったよ。

6つあるチェックポイントの1つなんだけど、この大学内博物室は開館時間が異常に短い。たった2週間しか無いのに土日閉館。実質10日しか開かず、しかも9〜16:30までが開館時間。行けるか! この時点でサラリーマン脱落です。今年のはコースの難易度高杉・・・


a0013866_0503314.jpg

[PR]
by kasoledesign | 2012-09-13 00:50 | 博物館まつり | Trackback | Comments(0)
レイコさんとハシビロさん
どうしましょう。ではまずカナシイお話から。

上野恩賜動物園のシロクマ舎が、昨年10月新しくなりました。旭山動物園を意識した立体的な構造で話題になったので、すごく行きたかったんだけど・・・ってか11月にも入園してるのに、子どもたちは何せ「ふれあい動物園」に夢中。「ふれあい」終わってからじゃシロクマ見えないんですよ。で、今日やっと言い聞かせて、頼むから先にシロクマ見せてくれ、とお願いしていったらこんな祭壇が。おとといレイコさんが・・・。もうしょんもり。

ずっと具合が悪くて、この広〜い、新築の施設にとうとう出られなかったそうです。残された仲良しのユキオくんが、呆然と立ちすくんでいます。ときどき部屋へ帰るゲートに体を擦り寄せています。涙涙。

実は、順路正しく行けば最後に見える祭壇を、ズルして出口から入ったもんだからいきなり見ちゃって。その後ユキオくん見たから悲しくて悲しくて。同じように泣いてる人もいましたね。どうぞ安らかに。

a0013866_22584025.jpg

a0013866_22584292.jpg


それはそうと、今日は地味にすごい写真撮れましたよ。

まずですね、ゴイサギくんがペンギンの餌を狙ってペンギン池に来るのは前回のブログにも書きました。なんとどんどん人馴れしてるらしく、「外側」の手すりにつかまって餌を狙う始末。外側って要するに人が見る側ですよ。ホント触れるぐらいのソバで、こんなことめったにないから触っちゃえって子どもに炊きつけたらホントに触れた(^^ 子どもたちも大喜びです。
a0013866_22584434.jpg

たった50mmでこのアップ。近い! 目が真っ赤でしょ?
a0013866_22584739.jpg

本来、水辺を歩きながら小魚やカエルなんかを食うので、水中捕食はしないタイプなのに、なんとココでは水中に沈んだ餌(小魚)をダイブ!してゲット。潜れるんだ!? すごい! くちばしにはシッカリペンギン用の小魚が!
a0013866_22584994.jpg


さらにほんとに珍しい。アオサギが人だかりの真ん中に降りています。コレまた触れるほどの近く。翼長で1.6mぐらいある大型種ですよ。ゴイサギとのツーショット。
a0013866_22585321.jpg



そして本日のベストショット。空飛ぶハシビロさん。もう何度目だろう、やっとこさ飛んだ所を目撃しました。でけー。いいレンズ欲しくなってきたなあ(^^; やばい。
a0013866_22583598.jpg

[PR]
by kasoledesign | 2012-02-26 23:31 | 博物館まつり | Trackback | Comments(0)
教わったことが多くて
今まで行ったミュージアムの中で、おそらく自分の人生にもっとも深く関わったテーマだと思う。川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムに行ったよ。

ディズニーほど派手ではないのですっかりその恩恵を忘れていた。けれど、改めてこうして藤子・F・不二雄氏の作品をまるっと見て、これは「日本」を育てた作家だなと思ったよ。友愛とか自己犠牲とか夢とか希望とかチラリパンツとか未来とか嫌な奴との共生とか全部。いい話多いよね。子どもだらけの読書コーナーで真っ赤な顔してコミック読んでるOL見て、アホちゃうか、と笑いつつ自分も短篇集読んで危うく落涙。

a0013866_2337503.jpg
館を上げてプッシュしているきれいなジャイアン


a0013866_23375467.jpg
漏れちゃう!いそげ


a0013866_2338973.jpg
すごいやつだけど友達なんだよな♪


a0013866_2338126.jpg
実はパーマンが一番好きでした。
[PR]
by kasoledesign | 2011-11-13 23:44 | 博物館まつり | Trackback | Comments(2)
8823
a0013866_14125.jpg
2003年11月ごろの地球です。この6ヶ月ほど前に、小惑星探査機はやぶさは宇宙へ飛び立ちました。地球ではいろんなことがありました。六本木ヒルズがオープンしてiTMSがオープンした年だそうです。

それから7年ですから良く飛んでますはやぶさ。ウチのPSXなんて2年ぐらいでドライブ死んだしなあ。7年壊れないだけでもスゴイ(実際は半死半生)。

ネットの応援もすごくて、おもわずGW前に千葉市科学館行っちゃいました。良かったです。「HAYABUSA -BACK TO THE EARTH-」カミさんも娘も涙ぐんでました。オイラもちょっとうるっときましたよ。よくぞ帰ってきたなあ。えらいぞ。

7年あれば何ができるか。何をしてきたかなあ。7年を10回ぐらいで人生は終わり。長いようで短いなあ。
[PR]
by kasoledesign | 2010-04-25 22:44 | 博物館まつり | Trackback | Comments(0)
絵本と古建築
a0013866_1132459.jpg
左側。この薄暗い、古城の調理場のような部屋に、
幼い子どもたちがみっちりと座っております。
国際子ども図書館のお話し会の部屋であります。
週末は幼児から小学生までを対象とした、絵本読み聞かせの会があるのです。

a0013866_1134552.jpg

心は形を求め形は心をすすめる、という茶道の言葉がありますが、
ボクはその精神はとても大切だと思うのです。

絵本には呪いの古城や、魔女の小屋や、おかしの家など
ワクワクするような建物がたくさん出てきます。
せっかくなら、ココのように美しいタマシイの宿った建物で絵本を読んでもらえば
きっと何か大事なモノが、子どもの心にも宿るカモ・・と思うのです。

しかしいつ行ってもウットリです。
気づいた方もいるかと思いますが、3年前のウチの年賀状のロケ地です(笑)。
毎日でも行きたいのですが、上野のハズレにあるので、
なかなか機会がないと行けないのです。
子どもたちは三年ぶりでしたが何となく覚えていたようです。
ここに住みたいそうです(笑)。

a0013866_1135527.jpg

終了間近のチェコの絵本展があったので、
あわてて&期待マックスで行ったのですが、
ここはいつもちょっと展示が少なめなんですねー。

手に入りがたい、貴重で素晴らしい名作が揃ってて、
しかもまじめな解説もシッカリしてるのですが・・・・(^^;
なにしろサッッッパリしてます(撮影不可)。
期待したキテレツなぬいぐるみや人形たちもほとんどありません。

お土産はおろか出展作の目録すらココで買うことはできません。
もうちょっと商売ッ気があっても良いと思うんだけど、
昨今、公共のイベントに対する予算は厳しいのかもしれませんね。
日曜までです。
興味のある方はお早めに。

郵便振替で頼んだ目録はまだ届きませんが、たのしみです。
夏休みさいごの思い出です。
[PR]
by kasoledesign | 2008-09-04 11:28 | 博物館まつり | Trackback | Comments(2)
大(?)ロボット博
年末1400円あったら何ができるでしょうね。
ボクは大ロボット博に行ってしまいました。

年末年始の先々考えると今日しかないぞ・・・と思い立ち、
病み上がりの身体をおして上野へ向かいます。
なにせ「大」ロボット博です。行かねばならんのです。

連休の中日だというのに行列もなく、混雑もなく、比較的空いていました。
特設展会場にはいるとスグに、プラモデルやオモチャを時系列で並べた展示があります。
それこそアトムからアクエリオンまであるわけです。
a0013866_231037.jpg
↑ボクラの頃のオモチャはこんな感じのおおらかなデザインでしたね。
a0013866_234534.jpg
↑それが今ではこんな高密度デザインです。時は過ぎましたね。

それにしてもいきなりタイアップっぽい・・・オモチャメーカーの冠が至る所に。
何か変な感じです。

気を取り直してメインのホールへ入ると巨大なロボットを吊したステージが。a0013866_254630.jpg↑このクィーンエイリアンの様な、
はたまた無機生命体のような妖しいロボットが動いてショーを繰り広げるのかと思いきや、
(押井守プロデュースだそうです)
何と始まったのはトヨタの演奏ロボによるデモです。上の凄いのは飾りでーす、とあっさり説明され夫婦で苦笑い。
a0013866_284411.jpg


・・・このあたりから我々の目は猜疑心で真っ黒です(笑)。
トランペットが奏でる音色はクリスマスソングです。
サンタ帽をかぶったファミリー層向けロボの上に覆い被さる異形の造形。
何でしょうこのハンパでミスマッチなプロデュースは。

周りを見渡すとガンダムとかセコムのロボットとか、
とりあえず日本のロボット文化を代表するような展示はありますが、
どうも目新しいモノがありません。
正直このトヨタの演奏ロボもどうかと思います。
もはや介護や家事援助といった現実的な目標に向かって
近い将来市販化まで目指そうというロボット産業界において、
ラッパ吹いて踊るロボットに何の意味があるんでしょうね。
ってか2年も前の愛地球博ネタじゃん・・・。
a0013866_2432842.jpg
トヨタの階の上にはおまちかねアシモのフロアがあります。
こちらはもちろんアシモファミリーが目玉です。
デモではアシモの駆け足まで見せてもらいました。
個人的にP2のデザインが一番スキですね。



とにかくメンツを集めただけ、の、退屈な展覧会でした。
体験型・参加型展示もほとんど無く、
子どもにとっても、こんな楽しそうなロボットに触れないし遊べないし、
これではソニーのメディアージュへ行った方がマシです。
おまけに展覧会の物販所が見学順路の真ん中にあり、
「ココしか、販売所はありませ〜ん」と連呼連呼。
年末年始のプレゼントシーズンにオモチャを買わせたいのでしょうか。
しかも売ってる品もハンズやソニプラで買えるようなものばかり・・・。
ちょっとココまでひどいプロデュースの展示会は初めてです。
1400円払う価値があるかと言われたら・・・まあこれで日本のロボット産業振興にプラスになるなら
寄付したと思ってガマンしましょう。
これから行ってみようという人は・・・
何としてもタダ券を手に入れることをオススメします。

ただ、ホンダは確実に産業化への道を歩んでいますね。さすがです。
[PR]
by kasoledesign | 2007-12-25 02:25 | 博物館まつり | Trackback | Comments(7)
勝鬨橋橋脚ツアー
とてつもない忙しさのまっただ中に当たってしまいました。
勝鬨橋見学ツアーに行ってまいりました。
抽選なので仕方ありませんが、
正味40分のショートコースですので
関係者の皆様方、お許しを・・・(^^;



勝鬨橋とは、隅田川の最南端に架かる橋です。
銀座の真ん中を通る晴海通りをまっすぐ東へ進み、
築地を抜けてスグに江東区側に渡る橋です。
数ある隅田川の橋の中でも最も銀座に近い橋なので、
通った方もあるかと思いますが、
アレが昭和初期の頃は、真ん中の開く跳ね橋だったのです。

それがやがて、隅田川の海運業の衰退と、
晴海通りの交通量の増加により運用が停止されることになります。
昭和47年のことだそうです。
「こち亀」でもネタになっていましたね。

最近は昭和の近代建築として見直されてきていて、
今では立派な資料館もでき
参観希望者に橋脚内部を公開するようになっているわけです。
というわけで応募した人数は4人で行ってまいりました。


a0013866_22294.jpg
勝鬨橋の江東区側です。
あんまり歩いて渡る事のない橋ですよね。


a0013866_2231097.jpg
カモメです。


a0013866_2233242.jpg
橋の、中央区側の袂にある資料館です。
ココは元変電施設だったのが改装されて資料館になりました。


a0013866_2253934.jpg
変電機です。
というか発電機ですね。
3300Vの送電用交流を使って発電機を回し、
制御しやすい直流を発生する設備だそうです。
二機あるのは、予備のため。


a0013866_2295215.jpg
制御板の前で安全帯を装着します。
ヘルメットも貸与されます。
股間が気になってトイレにいきたくなります。


a0013866_23121.jpg
制御板はものすごいレトロな配線です。
これらを全て直して再稼働できないのかと聞きましたが、
電設がほとんど死んでて直すのに凄い予算がかかると言うことでした。
たぶん今では入手しづらい機材とかもあるでしょうしね・・・。
PCBとかで絶縁してたんじゃないでしょうかね。


a0013866_2341186.jpg
現場スタイルでいったん外へ出ます。
普通に人が通る場所なのでちょっと恥ずかしいです。


a0013866_235366.jpg
わんさかカモメです。


a0013866_2353891.jpg
ちょっと向きが違いますが、
我々が目指す塔です。
これが片側車線に2つずつ、計4つの塔があります。
それぞれ、運転塔、機械塔(?)、見張り塔、
最後が宿直塔(笑)となっているそうです。


a0013866_242182.jpg
橋のちょうど真ん中の継ぎ目の部分。
実は今もしっかり固定されているわけではないので、
立っているとグラグラと揺れます。
がーーっと閉まってきて危機一髪の部分ですね。
悪いヤツは挟まってギャーって断末魔の部分ですね。


a0013866_2431684.jpg
歩道側にある歩行者用の信号機。
開閉してた頃はこの点灯を見て
歩行者は判断していたそうです。
車道の車両用信号機は撤去されていいます。


a0013866_244637.jpg
カモメです。


a0013866_2443673.jpg
まず塔の二階に入ります。
操作盤があります。
橋の開閉だけなのにたくさんのスイッチがあります。
ホコリはかぶっていますが、今でも動きそうな感じですね。
スティーブン・セガールがいじったらたぶん動くかもしれません。


a0013866_2452669.jpg
やはり裏手にはとっても「人狼」な感じのメカが・・・。


a0013866_2461927.jpg
塔の内側から見た晴海通り。


a0013866_2465428.jpg
いったん外へ出て、一階から今度は地下へ下ります。
地下と言うよりは水中になります。


a0013866_2473972.jpg
安全帯の出番です。
緩衝器のケーブルをつけてもらい、
ハシゴを使って10Mほど降りていきます。


a0013866_24992.jpg
地下に降りるとスグに階段があり、また下っていきます。
目の前に見えるのは駆動モーターのフライホイールと思われます。


a0013866_2494679.jpg
地下に待つモノは・・・



a0013866_2502860.jpg
じゃじゃーん。
けっこうな広さのチャンバーです。
橋の幅だけあるわけです。
右側に見える台形の台はストッパーです。


a0013866_2512111.jpg
上に見えるのが橋を開閉させるモーターです。
手動装置などもあるそうです。
70秒掛けて70度ひらいたそうです。


a0013866_2515789.jpg
我々が今いるところ。
すでに水中。


a0013866_2522454.jpg
巨大なギア(ラック)と暴走止めのダンパーが見えます。
ココが今回一番カッコ良かった部分です。
ちょっとジャイアント・ロボっぽいですね。


a0013866_2525945.jpg
コレは支点部分です。トラニオンと言います。
このデカイ橋の支点がこんなに細いのがちょっとビックル。


a0013866_2542714.jpg
トイレ。
女人禁制ですね。


a0013866_2553657.jpg
橋脚から河面を望む。


a0013866_256015.jpg
昭和14年竣工の銘板です。



今回案内してくれた方々は・・・
道路関係の公社の退職者のボランティア・・・そんな感じでした。
すいませんうろ覚えです(^^;

このツアー自体が2年前から始まって、まだ認知されていないのと、
木曜日の日中のみと言うことで
意外にも空いているそうです。
12月はまだガラガラとのことでした。

都心でアクセスしやすいのと、
思ったより迫力があって楽しかったので、
興味がある方はぜひ行かれてみてはどうでしょう。
1人でも参加できますし、実際我々の回も、
僕ら4人+カメラマンのおじさまと、
1人で参加したおばさんの6人でした。
施設の方々もとっても優しくていい人たちで、
なんかもっともっと世話を焼きたくて仕方ない感じだったので(笑)
ちょっと宣伝しておかなくちゃ。
a0013866_312412.jpg
たくさんもらったお土産。
絵はがきウレシイ!


a0013866_364154.jpg
お昼は築地で海鮮丼。
うまさにビックル。




かちどき 橋の資料館 橋脚内見学ツアー
[PR]
by kasoledesign | 2007-11-30 02:56 | 博物館まつり | Trackback | Comments(14)
博物もろもろ
1.鉄道博物館はまだまだ混雑が続いているみたいですね。
いつ行こうかなあ。
早く行きたいなあ。

2.そういえば以前秋葉原にあったのは「交通」博物館でしたね。
鉄道だけじゃなくていろいろな乗り物の展示が楽しかったですが、
帆船日本丸の模型とか、ジェットエンジンのカットモデルとか、
どこへ持って行かれたんでしょう。

3.先日行ったお台場はソニーのメディアージュ。
至る所にたくさんの踏み台が置いてあるんですが、
要するに全ての展示物がオトナサイズなのです。
ビデオカメラを使ったインタラクションなどは、
子どもだと頭しか写りません。
当初子どもの入館を想定していなかったんでしょうか。

4.東京サイクルショーが、今年は業者向けの展示会になってしまいました。
ちょっと残念です。
[PR]
by kasoledesign | 2007-10-25 00:41 | 博物館まつり | Trackback | Comments(2)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

とりあえず、寸止めで。
by kasoledesign
検索
最新のコメント
ほんと、久しぶりとは思え..
by kasoledesign at 12:47
楽しかったねえ。気持ちの..
by kaori drome at 14:22
プログレスウォッチャーっ..
by kasoledesign at 23:23
プログレスウォッチャー、..
by ようこ at 22:21
タグ
(55)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
食欲まつり
ブツ欲まつり
ムービーまつり
ネコまつり
子どもまつり
気象まつり
博物館まつり
健康まつり
菓子まつり
おでかけまつり
パソコン・メカまつり
珍品まつり
アートまつり
ミュージックまつり
スポーツまつり
ゆめまつり
いまさらまつり
お仕事まつり
Flashメモ
CSSメモ
四方山まつり
経済
友だちまつり
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧