カテゴリ:友だちまつり( 4 )
男気とボンクラ
勝どき駅に降りるのは何年ぶりだろう。友達の親父さんにお別れをしてきた。

オレがデザイナーとして独立した時、なぜか親父さんはオレを呼びつけては仕事を振ってくれた。印刷会社の社長だった彼は、大概のことは知ってるはずなのに、最後は必ず「お前さんが欲しいと思う金額を言え」って、成果の見積もりをさせられた。まだ駆け出しでそーゆーの苦手だったオレは、おっかない顔で迫る彼のリクエストに四苦八苦した。

なんでオレみたいな小僧に仕事くれんだろうなあ・・・?って当時は不思議だったけど、今になって思えば、息子の友人が独立したんだから、ボンクラだって面倒見てやるのが親父のツトメだろう、ぐらい気張っていたのかもしれない。

頑固で怖くて厳しい親父さんだったなあ。すいません自分そういうありがたいの全然気づかなくて。やっぱりボンクラだ。男気を召喚して実体化したような人だった。お世話になりました。本当に。どうぞゆっくり休んで下さい。ありがとうございました。

[PR]
by kasoledesign | 2016-02-12 00:53 | 友だちまつり | Trackback | Comments(0)
深海底と友だち
個人の趣味嗜好には深度差がある。それはラフマニノフであれドラクエであれ寝台特急北斗星であれベビメタであれ、「好き」という気持ちの深度は千差万別。さらっと海面を楽しむ人もいれば、それこそ深海底の光も届かない深みにまで潜る人もいる。でも深いほど一緒に潜ってくれる人は少なくなっていく。

FBとTWの中で一緒にBABYMETAL行こう!って深海についてきてくれるのは2人しかいなかった。専門学校時代の同級生と元部下の元カレ。昨日一緒に行ったのは中学時代の同級生の兄貴だ。FB関係なかった(^^; ずっと前から友達だ。ありがたいことだと思う。カミさんも理解者だけど、今は海上で我々の帰還を待つ係に徹している。いつか彼女にも深海底の楽園を見せてあげるつもり。

ともあれこれがたぶん、SNS否定論者の皮膚感覚なのかなと思うよね。ようするに自分の最深部を共有できる友だちは、常にSNSの外にいる。ではSNSとはなんなのか・・・まあ便利ではあるけどさ(^^;

さて深海底の会場周辺ではたくさんのファンが、友達と、家族と、親子と「その時」を待っていたよ。とても素敵だなあと思ったよ。いやそんなたいそうなモンじゃないっすよ、ってサクッと来てる人も多いだろうけど、それも良いことだよね。ベビメタが非一般的パフォーマーだって自覚はあるんだ。それをサクッと見てみようって心の垣根のなさも良いよね。ここにいる人たちみんなと友だちになれそうな気がしたよ。次は6月。ファン特典を全力で駆使します。
a0013866_10454659.jpg

[PR]
by kasoledesign | 2015-01-11 11:16 | 友だちまつり | Trackback | Comments(0)
理不尽さとめぐり合わせ
a0013866_01213544.jpg


人生における理不尽な仕打ちの中で「若すぎる死」ほど胸の痛むものはない。

・・・

今日、おやじの会の会合があった。打ち上げで飲むことになり、参加者全員で近所の料亭に向かった。たまたま隣りに座ったパパの名前はNさんと言った。1年ちょっと前からの顔見知りで、ちゃんと話すのは今日が初めてだ。

年齢の話になり自分は「喫茶店のIさんと同級生なんです、もう48になります」と説明した。「そうですか、姉が生きていたらちょうど同じくらいの歳ですね」と彼は笑った。苗字がN・・・もしかしてT子さんの弟さん!?

T子さんは10年ちょっと前に亡くなった同級生だ。急な死だった。高校1年のクラスメイトで、美術部では3年間一緒だった子だ。真面目な風貌に似合わずロックンローラーで、同じライブ会場で2回ほど顔を合わせたことがある。明るくいつも笑顔の気さくな子だったから結構色んな話をした。報せを聞いたのは、急逝からしばらく経ってからだった。凄くショックで、その時初めて、ああ僕はT子さんに友情を感じていたのだと悟った。

その弟さんが、まさか息子の小学校の父兄で、このおやじの会にいたなんて・・・。ご迷惑でなければお線香を上げたいのですがうかがっていいですか? どうぞどうぞ、両親も喜びます、というので二次会も辞めてご自宅へおじゃました。2階に通された。何もない部屋に仏壇だけがあった。仏壇の上に大きな遺影があった。青白い蛍光灯に照らされて、童顔だった彼女の、高校時代のままの笑顔があった。

コップをこぼすように涙があふれた。止まらなかった。ほんとうは同姓同名か、もしくは僕の記憶違いで、名前が違ったんじゃないか?なんてちょっと信じたくない思いがあった。でも間違いなかった。事実を突きつけられたような衝撃にしばらく泣いて泣いた。

ご両親とアルバムを見た。懐かしい笑顔がそこにあった。ウォレスとグルミットのウォレスみたいに手をワキワキさせて笑う仕草を思い出した。部活も思い出した。良くみんなでデッサンした。学園祭の絵も書いた。バンドではベースだった。記憶が次々と蘇る。理不尽だ。

ご命日は? ・・・明日なんです。・・・・なんということだ。13年前のまさにこの夜、彼女は天に召されたのだ。呼ばれたのかなあこの日に。オレもなんとなくずっとちゃんと手を合わせたかったから、この日に、仏前に来られて良かった。こういうのを巡りあわせというのだろうか。自分は時々仏様に呼ばれることがある。まじめに生きよという戒めか。まじめだけどさ。いろいろありがとう、話したいこともたくさんあるけど、それはもっともっと後でにします。まずは弟さんと仲良くおやじの会を盛り上げていくよ。




[PR]
by kasoledesign | 2014-06-22 01:13 | 友だちまつり | Trackback | Comments(0)
手の届く範囲
この地域(スカイツリーのたもと)に越してきて一番良かったことは、隅田川花火のたびに友だちが集まってくれること。

どんなに仲が良かった友だちでも、歳を重ねる毎に合う機会は減っていく。動機もね。だから毎年決まった行事があって、それで遊びに来てくれるって、オレのようなめんどくさがりにはなんて素敵なシステムなんだろうって思うわ。みんなありがとう。元気な姿を見せてくれるのが何よりだよ。

花火自体は史上初の中止になるとんでもない天候だったけどね。

それとミキちゃんが持ってきてくれたボウモア。ウィスキー始めた頃は敬遠してたんだけど、慣れてくると何よりこのスモーキーさがたまらないね。ハマってます。ありがとう!

a0013866_16283778.jpg

[PR]
by kasoledesign | 2013-07-26 16:27 | 友だちまつり | Trackback | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

とりあえず、寸止めで。
by kasoledesign
検索
最新のコメント
ほんと、久しぶりとは思え..
by kasoledesign at 12:47
楽しかったねえ。気持ちの..
by kaori drome at 14:22
プログレスウォッチャーっ..
by kasoledesign at 23:23
プログレスウォッチャー、..
by ようこ at 22:21
タグ
(55)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
カテゴリ
全体
食欲まつり
ブツ欲まつり
ムービーまつり
ネコまつり
子どもまつり
気象まつり
博物館まつり
健康まつり
菓子まつり
おでかけまつり
パソコン・メカまつり
珍品まつり
アートまつり
ミュージックまつり
スポーツまつり
ゆめまつり
いまさらまつり
お仕事まつり
Flashメモ
CSSメモ
四方山まつり
経済
友だちまつり
ライフログ
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧